山岳科学学位プログラム

ご挨拶

山岳科学学位プログラムは、筑波大学・信州大学・静岡大学・山梨大学の4大学が連携する新たな大学院(博士前期課程)です。詳しくは「本プログラムについて」をご覧ください。

お知らせ

シンポジウム"山岳科学の創出-山岳地域の諸問題を分野横断で俯瞰する-"を開催しました。

3月29日に日本地理学会2017年春季学術大会公開シンポジウムとして"山岳科学の創出-山岳地域の諸問題を分野横断で俯瞰する-"を開催しました。筑波大学山岳科学学位プログラム、山岳科学センターに関係する教員も含めて、日本の山岳研究、教育に関わる気鋭の研究者の発表を中心に、研究者、業界関係者、山岳科学学位プログラムに進学を希望する学生などで活発な議論をすることができました。山岳科学学位プログラム、山岳科学センターでは今後も山岳科学の発展および普及を進めていきます。

シンポジウムのオーガナイザー、司会進行を務めた松岡憲知教授によるオープニングトーク。
シンポジウムのオーガナイザー、司会進行を務めた松岡憲知教授によるオープニングトーク。

国民の祝日”山の日”の意義および科学、学術分野との協働などについて基調講演を行った全国山の日協議会理事長・磯野剛太氏。
国民の祝日"山の日"の意義および科学、学術分野との協働などについて基調講演を行った全国山の日協議会理事長・磯野剛太氏。

総合討論で筑波大学山岳科学センターの取り組み、方向性について話す山岳科学センター長・石田健一郎教授。
総合討論で筑波大学山岳科学センターの取り組み、方向性について話す山岳科学センター長・石田健一郎教授。
林野庁の中部森林管理局、関東森林管理局 と筑波大学、山梨大学、静岡大学の6者で連携協定を締結しました。
林野庁の中部森林管理局、関東森林管理局 と筑波大学、山梨大学、静岡大学の6者で連携協定を締結しました。
2017年度「山岳科学概論A(必修科目)」の日程と担当者が決まりました。
日本地理学会2017年春季学術大会公開シンポジウム 山岳科学の創出-山岳地域の諸問題を分野横断で俯瞰する-

2016年に「山の日」が制定され,国民が山をさまざまな活動に利用する気運が高まっています。
2017年には「山岳科学」を総合的に学ぶ大学院博士前期課程が始動します。
このような状況下で,山に関する諸分野の先端的研究や山が抱える諸問題を相互に理解するとともに,国民の山に対する理解や関心を深める必要性は高いと考えられます。
地理学は自然と人間の関わりを広い視野で俯瞰する学問であり、地理学主導で学際的シンポジウムを開催する意義は大きいことから下記の要領にて日本地理学会の公開シンポジウムを開催いたします。

日時:2017年3月29日(水)13:00~17:00
会場:筑波大学第三エリア3A204教室
アクセス:TXつくば駅より筑波大学方面行バスで第三エリア前か筑波大学中央下車,または東京駅八重洲南口より筑波大学行高速バス終点下車
入場無料(シンポジウムのみ参加の場合),事前申込み不要

オーガナイザー:松岡憲知(筑波大)・渡辺悌二(北海道大)・横山 智(名古屋大)
後援:一般財団法人山の日協議会,山岳科学学位プログラム連絡協議会

招待講演
祝日「山の日」制定とこれから:磯野剛太(全国山の日協議会)
一般講演
中部山岳地域における最近数10年間の気候変動:鈴木啓助(信州大)
地生態系サービスとしての山岳の水供給機能:山中 勤(筑波大)
崩れゆく山々と土砂災害の軽減:今泉文寿(静岡大)
最終氷期における気候変動と山岳生物の集団動態の歴史:津田吉晃(筑波大)
気候変動に対する高山植物の応答:工藤 岳(北海道大)
北アルプス高山帯へのニホンジカの進出と季節移動:泉山茂之(信州大)
山岳スポーツのリスクマネジメント:村越 真(静岡大)
山岳研究の研究動向─Mountain Research and Development誌の分析を事例に─:横山 智(名古屋大)
山岳科学の世界展開と日本の現状・課題:渡辺悌二(北海道大)・上野健一(筑波大)
筑波大学山岳科学センター キックオフシンポジウム
主催:筑波大学山岳科学センター開設準備室

この度、筑波大学におきまして、菅平高原実験センターと農林技術センター演習林部門が平成29年4月1日より統合し、新たに「山岳科学センター」として発足する運びとなりました。新センターの設立にあたり,下記の要領にて設立記念キックオフシンポジウムを開催いたします。なお、シンポジウムの終了後は懇親会も予定しております。

日時:2017年3月21日(火)
場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎 1階134講義室
(〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1)
入場無料

プログラム:
15:00 開会挨拶
    筑波大学 副学長 三明康郎
15:10 挨拶
    筑波大学 生命環境系長 松本宏
15:15 新センター概説
    筑波大学 山岳科学センター開設準備室長 石田健一郎
15:30 来賓挨拶
    林野庁 国有林野部長 本郷浩二氏
    森林総合研究所 理事長 沢田治雄氏
    環境省自然環境局 国立公園課長 岡本光之氏
    富士山測候所を活用する会 理事長 畠山史郎氏
    全国山の日協議会 理事長 磯野剛太氏
16:10 センター構成員研究発表
    山理解部門 筑波大学生命環境系 田中健太
    山理解部門 筑波大学生命環境系 池田敦
    山管理部門 筑波大学生命環境系 山川陽祐
    山活用部門 筑波大学生命環境系 立花敏
17:10 閉会挨拶
    筑波大学 生命環境科学研究科長 沼田治

懇親会:茗渓会館にて18:00より予定

申込み・問合せ先:
筑波大学菅平高原実験センター内 山岳科学センター開設準備室(担当:樫山)
TEL:0268-74-2002  FAX: 0268-74-2016
E-mail:
参加者の人数把握のため、事前に「氏名・連絡先アドレス・懇親会の参加可否」を添えて、上記アドレス宛へお申込み下さい。なお当日参加も受付予定です。

関連リンク:
筑波大学菅平高原実験センター
筑波大学農林技術センター
山岳科学学位プログラム
NEW
一般財団法人山の日協議会の会員団体になりました。
山岳科学学位プログラム第二回学術集会を開催しました。

開催場所:森の家(静岡県浜松市浜北区)
http://www.morinoie.biz/

スケジュール:
12月6日
11:00~ 受付
13:00~ 開会式
13:30~14:30 模擬授業
14:30~16:30 ポスターセッション(学生,ポスドク,教員)
16:30~19:00 研究発表(修士2年)
19:00~ 夕食:懇親会

12月7日
9:30~ 天竜フィールド到着,観測サイト見学
http://www.agr.shizuoka.ac.jp/dept/fc/forest/facilities_t.html

森林生態の観測(タワー),持続型森林管理に関する学際研究サイト(SSSフォ レスト),森林の斜面安定効果に関する研究サイト等 (同時並行で会議を開催)
12:30 終了
筑波大学 大学院 山岳科学学位プログラムのリーフレットがダウンロード可能になりました。
入学希望の方へ」のページをご覧下さい。
修士(山岳科学)の取得について、文科省から正式に承認を得ました。
構成教員の紹介入学希望の方へを更新しました。
ホームページを開設しました。

このホームページに関する問い合わせ先:
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学大学院
生命環境科学研究科
office_sangakuアットenvr.tsukuba.ac.jp
(アットを@に変換してください)

本ホームページの写真は、筑波大学菅平高原実験センターからご提供いただいたものです。無断転写を禁止します。

PAGE TOP