• 受験案内
  • 研究科の概要
  • 研究科の活動
  • 学生の活動
  • イベント情報
  • 就職情報
 


各専攻の特色:生物科学専攻

HOME > 生物科学専攻:指導可能領域

生物科学専攻の特色   指導可能領域

指導可能領域

領域

多様性生物科学領域

生命現象には、共通の基本原理である一様性と同時に、多様性という側面がある。共通の遺伝子やタンパク質、あるいは代謝系に基づいて生命現象が成立していても、組織や器官、個体の形態や機能、生活様式は多様な分化と進化を遂げており、分子から群落、生態系に至るさまざまなレベルの多様性によって地球の生命圏が成立している。したがって、生命を多様性の視点で解析する領域は生物科学に不可欠であり、生物多様性の理解はカルタヘナ議定書の発効によって、ライフサイエンスの重要な課題として注目されている。本領域では、分子生物学からフィールドサイエンスに至る研究分野の考え方と技術を協調、融合することによって、細菌からヒト、分子から群落・生態系までカバーする広い範囲の生命現象を多様性の視点で理解し、研究する能力を養成するための教育研究を行う。

 

細胞生物科学領域

細胞は生命の重要な単位であり、その構造と機能は膨大な生体分子の相互作用やネットワークによって構成され、生命体の基本単位として複雑かつ巧妙に形作られている。その細胞を構成する各細胞内小器官(オルガネラ)は細胞内共生により進化の過程で獲得され、独自の構造と機能を有し、その異常は老化やプログラム死をもたらす。さらに、それら細胞が構成体となる生物体は、細胞間、組織間そして器官間の相互作用によって生命を維持している。本領域では、遺伝子変異によるミトコンドリア等のオルガネラ機能の解析、自己・非自己の認識機構、脳神経組織の発生と再生、動植物の形態形成や胚発生、発生のメカニズム等、生命体を構築するために有機的に組織されたしくみを解明すること等を研究課題とする。これらの研究を基盤として教育カリキュラムを組み立て、細胞および個体レベルの生命の高次機構を深く理解させ、高度な研究能力を養うために必要な教育研究を行う。

 

分子生物科学領域

生命活動に関わる膨大な情報の全ては遺伝子に蓄えられており、その情報は種々の機能を有するRNAやタンパク質の発現を介して生命活動として具現化される。現在、それらの研究成果をもとに遺伝子組換え等遺伝情報の解読やその情報の利用が盛んに行なわれている。本領域では、微生物から高等動植物に至る様々な生命活動について、ゲノム情報の解析やゲノム情報の発現メカニズムの解析、そしてそれらに関わる分子の構造や機能を分子レベルで研究する。さらに、遺伝子発現ネットワーク、分子間相互作用に基づく細胞内情報伝達、膜興奮、細胞認識、核分化、同化作用や異化過程の物質代謝とその調節等の研究を総合的に推進することによって、生命現象を分子レベルで根本的に理解しようとするのが本領域の特徴である。これらの研究とその教育を通して、生命現象を深く理解し研究する能力を養成し、バイオの時代の有能な担い手を育成するために必要な教育研究を行う。

 

生物科学専攻の特色 | 指導可能領域 |

 
キーワード検索 Google

  • サイトマップ
  • リンク
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 Tel/FAX 029-853-7298
(C)筑波大学 生命環境科学研究科