• 受験案内
  • 研究科の概要
  • 研究科の活動
  • 学生の活動
  • イベント情報
  • 就職情報
 


各専攻の特色:生物科学専攻

HOME > 生物科学専攻:特色

専攻HPへ   生物科学専攻の特色   指導可能領域

生物科学専攻の特色(博士前期課程)

 生物科学専攻は、多様性生物科学、細胞生物科学、分子生物科学の3領域において独創的な研究の遂行に必要な研究能力とその基盤となる豊かな学識を 持つ研究者および高度職業人の養成を目的としています。基礎生物科学を中心としていますが、前期課程においては応用も視野に入れた教育研究活動を 展開しています。
多様性生物科学領域には生物進化の道筋の解明を目指す系統分類・進化学や個体、集団、群集レベルに見られる現象の理解を目指す生態学などの分野が あります。
細胞生物科学領域には細胞内情報伝達ネットワークの解析から、細胞間相互作用に基づく個体レベルでの生命現象の解明を目指す 細胞学、発生学、生理学、遺伝学などの分野があります。
分子生物科学領域には遺伝情報や分子間相互作用に基づく、分子レベルの普遍的な生命現象を 研究対象にする分子生物学、遺伝情報学、代謝生理学などの分野があります。

これら3領域はそれぞれ独立したものではなく、相互に補完し合いながら教育研究を推進する体制となっています。また本専攻は、筑波研究学園都市や 東京都内の研究水準の高い研究機関(産業技術総合研究所、理化学研究所、農業生物資源研究所、東京都医学総合研究所、国立感染症研究所など)と 連携大学院方式による協力関係を結んで広範な教育研究活動を行っています。3領域それぞれにこれら研究機関に所属する研究者が客員教員として担当 する分野があり、学生を受け入れています。また、生物科学専攻では、生物資源科学専攻(バイオシステム学コース)と共同で、 バイオディプロマシー学際コースを平成21年度から開設しました。

| 生物科学専攻の特色 | 指導可能領域 |

 
キーワード検索 Google

  • サイトマップ
  • リンク
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 Tel/FAX 029-853-7298
(C)筑波大学 生命環境科学研究科