• 受験案内
  • 研究科の概要
  • 研究科の活動
  • 学生の活動
  • イベント情報
  • 就職情報
 


各専攻の特色:生物機能科学専攻

HOME > 生物機能科学専攻:特色

専攻HPへ   生物機能科学専攻の特色

生物機能科学専攻の特色

本専攻は、生物機能の解明とそれらの利用・開発に関する分野での先導的な教育・研究を目指しています。最近のバイオサイエンスならびにバイオテクノロジーは、遺伝子の分子生物学を中心に展開していますが、これからはさらに踏み込んで、生物の現象ないし機能の最小単位である「細胞」を構成する主要な生体機能分子について、その静的及び動的挙動を生化学ないし分子レベルでより精密に理解し、得られた知識をもとにその機能を利用する手法の開発が求められます。また、生物資源の特性を活用した生活関連資材の開発も行っていかなければなりません。このような状況のもとで、新しい時代のバイオサイエンスまたはバイオテクノロジーの担い手を養成するために、本専攻では、基本的学問領域である「生命機能情報工学」と応用的学問領域である「生物機能利用工学」とを融合させ、生物・化学・工学の学際的かつ有機的に一体化したカリキュラムを編成しています。

基礎的領域の「生命機能情報工学」は、6つの基幹となる研究分野と1つの連携大学院方式による協力研究分野で構成され、生細胞の動的挙動、情報伝達に重要な機能を持つタンパク質、核酸、酵素や生理活性物質などを対象として、先端的分子生物学の手法を駆使した解析、機能開発に関する教育・研究を行っています。

生物機能を活用する応用領域の「生物機能利用工学」は、5つの基幹研究分野と3つの協力研究分野で構成され、酵素・微生物にとどまらず、植物細胞や動物細胞をも対象とし、さらには生物材料の機能を活用ならびに模倣した材料開発まで広げて教育・研究しています。

このような基礎と応用の教育・研究を通じて、独創性に富み、しかも基礎と応用を同時に見渡せる広い視野に立った学際性を有する研究者の養成を目指しています。

| 生物機能科学専攻の特色 |

 
キーワード検索 Google

  • サイトマップ
  • リンク
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 Tel/FAX 029-853-7298
(C)筑波大学 生命環境科学研究科