• 受験案内
  • 研究科の概要
  • 研究科の活動
  • 学生の活動
  • イベント情報
  • 就職情報
 


研究科の概要

HOME > 研究科の概要:研究科長からのメッセージ

研究科長からのメッセージ

    沼田 治(生命環境科学研究科長)

はじめに
 生命環境科学研究科は、地球科学、生物科学、生物資源科学と、学際融合的な環境科学の4つ研究分野からなります。本研究科は、生物と環境に関する基礎研究と「生物と環境の調和による持続的発展」を図る応用研究を目的とする教育研究組織で、5年一貫制博士課程1専攻、博士前期課程4専攻、博士後期課程8専攻および3年制博士課程1専攻からなります。

充実した教育・研究環境
 本研究科では、筑波大学内でも最も活発な研究活動が行われており、多くの大型研究プロジェクトが採択・実施されています。そして、それらを基礎とした高度な教育カリキュラムが展開されています。本研究科では、全国共同利用研究施設である遺伝子実験センターと下田臨海実験センター、全国共同利用教育施設である菅平高原実験センター、そして農林技術センター、アイソトープ環境動態研究センターなどと連携し、充実した教育と研究が行われています。
 筑波研究学園都市には国立、独立行政法人、企業の研究機関が多数あります。本研究科には、独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構」の研究者が運営する連係大学院 先端農業技術科学専攻があります。また、本研究科の各専攻には、多くの研究機関の研究者が連携大学院教授・准教授として配置されています。連係大学院と連携大学院システムによって、大学院生は各研究機関において最先端の研究指導を受けることができます。
 本研究科の大学院生は、恵まれた教育・研究環境のもと、最先端の研究を行い、研究成果を基に学位を取得し、学際的な広い視野をもつ国際的な研究者として、社会に羽ばたいております。

教育充実のためのチャレンジ
 筑波大学は、12ヵ国に13カ所の海外事務所を有し、62の国と地域の大学や研究機関、国際連合大学と合計 323件の交流協定を結んでおります(2016.05.12現在)。生命環境科学研究科は、複数の大学院英語プログラム(グローバル30)を進めています。また、協定校と国際共同学位プログラム(ボルドー大学修士課程ダブルデグリープログラム(MS-DDP)、国立台湾大学MS-DDP、ユタ州立大学MS-DDP、中国地質大学博士課程DDP)を展開し、筑波大学のグローバル化の牽引役を担っています。このような教育研究環境のもとで、本研究科の大学院生は筑波大学に入学しながら、世界をフィールドとして学ぶことができます。

研究充実のためのチャレンジ
 筑波大学は、平成25年に研究大学強化促進事業(文部科学省)の支援大学に選定されました。この事業採択を受け、研究力の向上と研究成果の社会発信の強化に取り組んでいます。生命環境系では、生命科学、生物資源科学、環境科学の文理融合智を結集し、地球・人類の持続可能社会の実現を目的とする「地球・人類共生科学研究機構」を設置しました。この研究組織は、現在、研究成果の著名国際誌への発信、 開発した技術の社会還元、グローバル人材の輩出、そして筑波大学の国際ステータスの向上を目指して活動しています。

おわりに
 我が国では、長引いた経済不況を背景に、大学院への進学意欲が低下しております。本研究科の大学院博士前期課程では定員を充足していますが、後期課程では一部の専攻を除き、定員充足率の確保が厳しい状況です。本研究科では、社会人枠の設置と社会人対象の早期修了プログラムの開設によって、国公立の研究機関や企業の研究者が職を続けながら博士の学位を取得できるシステムを準備しています。
 グローバル化社会では、専門知識を備え、国際感覚を有する人材のニーズは着実に高まっています。民間企業では博士・修士の学位を持つ優秀な人材を積極的に採用し、企業経営の企画・運営を担当させるところが増えております。学生諸君及び社会人の皆様にあっては、高い意志と目的を持ち、大学院への進学を期待します。
 生命環境科学研究科は、グローバル化社会の中で活躍できる人材の育成を強力に推進しております。



平成28年4月1日
生命環境科学研究科長
沼田 治

 
キーワード検索 Google

  • サイトマップ
  • リンク
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 Tel/FAX 029-853-7298
(C)筑波大学 生命環境科学研究科