• 受験案内
  • 研究科の概要
  • 研究科の活動
  • 学生の活動
  • イベント情報
  • 就職情報
 


研究科の概要

HOME > 研究科の概要:研究科の特徴

研究科の特徴

生命環境科学研究科とは

新たな教育研究指導体制の整備

平成17年度から、より充実した大学院教育を実現するために、生命環境科学研究科は、研究科の組織を再編成してきており、平成19年4月から理想に近い組織となりました。すなわち、生物系2専攻、農学系3専攻に続き地球科学系2専攻が前後期区分制に移行し、新たに独立修士課程研究科であった環境科学研究科が前期専攻に編入し、前期課程が「地球科学専攻」、「生物科学専攻」、「生物資源科学専攻」、「環境科学専攻」の4専攻の構成となりました。さらに後期課程には、「持続環境学専攻」が新設され、「地球環境科学専攻」、「地球進化科学専攻」、「構造生物科学専攻」、「情報生物科学専攻」、「生命共存科学専攻」、「国際地縁技術開発科学専攻」、「生物圏資 源科学専攻」、「生物機能科学専攻」、「生命産業科学専攻」、「先端農業技術科学専攻」と併せて10専攻となりました。そして5年一貫制課程として、「生命共存科学専攻」がプロジェクト型独立専攻として位置づけられています。

これらの一連の改組によって、それぞれの専攻の学生は新たに構築されたカリキュラ ムによる教育を受けることになります。前期課程は、後期課程への進学に必要な知識や技術を身につけると同時に、高度職業人として社会のさまざまな分野で直ちに活躍できる、見識や倫理の素養を身につけた人材を養成することを目標としています。

平成17年度に後期課程として新設された生命産業科学専攻と先端農業技術科学専攻のうち、生命産業科学専攻は、独立修士課程で実績を積み上げてきたバイオシステム科学研究科を生命環境科学研究科の後期課程に改組再編した専攻で、バイオ産業と科学に関わる科学的、社会的諸問題について高度の専門性を備えた人材育成を目的として発足しました。

一方の先端農業技術科学専攻は、つくば研究学園都市の独立行政法人「農業・食品産 業技術総合研究機構」に在職する研究者を連係大学院教員として構成した専攻で、同機構を基盤として先端農業技術科学についての高度の専門性をもった人材育成を目指して新設されたものです。このような研究機構教員による専攻は、全国に先駆けて筑波大学で新設されたものです。

そして平成19年度にスタートした「持続環境学専攻」は「地球レベルと地域レベルの人間環境の連環的相互作用の動態とそこにひそむ持続可能性のメカニズムを解明して持続可能な環境を体系化する」分野です。この学問は、人文・社会学の文系と理・農・工・医学の理系の融合知とフィールド・サイエンスの実践知を学際深化し、その高度化によって、持続可能で良好な生活質をそなえた地域環境を実現し、究極的には地球環境の制御的安定を目指すものです。修了生は、学究型・実務型研究者として国際環境や地域社会の中で活躍します。

研究環境

豊富な教授陣、研究分野、専攻

地球46億年、生命38億年の歴史を反映して、生命と生態系そして地球環境は、極めて複雑かつ多様な側面を持っています。現代社会と人類が抱える諸問題の解決には、多様な生命現象から生物進化、生物多様性の理解、地球進化の観点に立った地球環境の理解、地圏、水圏、大気圏と生態系の相互作用の理解など多様なレベルと分野の基礎研究が不可欠です。本研究科は地球科学の基礎分野をカバーする教育研究を展開しています。また、分子、細胞レベルから地球生態系のレベルまでライフサイエンスの幅広い分野を網羅しています。

一方、人間社会と地球環境、生命環境は、それぞれが複雑で複合的なシステムです。 その相互の関わりとして、現在の人間社会とそれを取り巻く環境があります。地球環境は改善されなければなりませんし、生物多様性は保全を必要としています。増加する人口を養うために、食料増産のための技術開発は不可欠です。いま、人類と環境が共生できる新たな生命・環境科学の創出が求められています。持続可能な開発技術の創出には、多様な視点による応用研究の展開が不可欠です。本研究科の擁する多様な分野は、これらの問題解決のためのさまざまな取り組みを行っています。生命環境科学研究科は、生命、環境分野のなかで、基礎、応用分野ともに最も充実した教授陣をもつ研究科の一つと言えます。

研究機関や企業との幅広い連携

つくば研究学園都市という立地を活かして、生命環境科学研究科の各専攻は関連する研究機関や企業から連携大学院客員教員を招いて教育・研究指導を行っています。学生は連携先の研究所で指導を受けながら、実践的な研究に従事しています。

連携先研究機関(順不同):

  • 防災科学技術研究所
  • 気象研究所
  • 産業技術総合研究所
  • 国立環境研究所
  • 理化学研究所筑波研究所バイオリソースセンター
  • アステラス製薬株式会社筑波研究所
  • 農業生物資源研究所
  • 理化学研究所植物分子生物学研究室
  • 理化学研究所分子ウイルス学研究ユニット
  • 財団法人東京都医学研究機構・東京都臨床医学総合研究所
  • 農業環境技術研究所・森林総合研究所
  • TOTO機器株式会社総合研究所
  • 農業・食品産業技術総合研究機構

特色あるフィールド科学関連5センター

生命と環境に関わる科学はフィールド・ワークに始まり、現在の多様な学問分野を生み出してきました。したがって、生命・環境科学を学ぶには、フィールド科学についての教育研究体制の充実が必要です。生命環境科学研究科は、フィールド科学に関わる5センター(農林技術センター、陸域環境研究センター、下田臨海実験センター、菅平高原実験センター、遺伝子実験センター)を擁する点で、他大学と一線を画しています。遺伝子実験センターは、遺伝子多様性や環境安全 性評価の研究を通してフィールド科学に深く関わっています。それぞれのセンターが独自の特色ある教育・研究機能を持ち、本研究科の教育研究プログラムに重要な役割を果たしています。最近、フィールド・ワークを取り入れた大学院教育カリキュラムの必要性が指摘されていますが、生命環境科学研究科はこうした国内と国際的な要請に十分に対応できる国内で唯一の研究科と言っていいと思います。各専攻で、センターを活用した教育に力を注いでいるほか、研究科の共通カリキュラムとして、フィールド科学の開設も検討しています。

国際交流、研究拠点形成

研究の活性化、教育研究指導の高度化のためには、内外の大学、研究機関との連携を 積極的に進める必要があります。生命環境科学研究科では、農学系、地球系専攻を中心に、特にアジア・太平洋地区、北アフリカ地区との連携を積極的に進めています。農林技術センターでは1979年以来、農業教育に関するセミナー(Tsukuba Asian Seminar on Agricultural Education:TASAE)を開催して諸外国との交流を行っています。 また、陸域環境研究センターでは、科学技術振興事業団における戦略的創造研究推進事業 (CREST)の「北東アジア植生変遷域の水循環と生物・大気圏の相互作用の解明」に続き、ユネスコChair「モンゴル国における持続可能な地下水管理」、インドネシアとの二国間交流事業「湿潤熱帯地域における持続可能な水資源開発のための流域管理」などが進められています。こうした国際性を反映して多くの留学生が本研究科で学んでいます。

高度で多様な研究プロジェクト

CREST戦略的創造研究推進事業「森林荒廃が洪水・河川環境に及ぼす影響とモデル化」、未来開拓学術研究、バイオリソースプロジェクト、環境省などのプロジェクトが進行しています。また、学術創生研究をはじめ、多数の科学研究費や受託研究費による研究が行われています。全国的に見ても、極めて多様な研究を行っている研究科と言えます。大学院の学生の多くは、こうした先端の研究の一翼を担いながら、研究指導を受け、専門家として成長していきます。

茨城県との包括協定

筑波大学と茨城県は、平成17年(2005年)2月に包括協定を締結しました。本研究科は、その実現に積極的に貢献してきました。地域連携による産業の活性化、人材育成、社会貢献などの分野で茨城県と協力して共同研究やプロジェクトを推進していくべく交渉を続けています。

つくばブランドの人材の輩出

以上のような豊富な人材と組織、施設を用いて、生命環境科学研究科は、有能で多様 な「つくばブランド」の人材を養成し、輩出することを目指しています。私たちは、これからの大学院生の進路として、大学教員はもちろんですが、そのほかに、大学教員と同レベルの研究能力とサイエンス・マインドをもつ国際的な高度職業人の養成が重要と考えています。研究機関やNPOの研究員、公務員、企業人、サイエンス・ライター、サイエンス・ジャーナリスト、中等教育教員など、社会の多様な領域で、サイ エンスの素養と見識を備えた人材の輩出が要望されています。本研究科の教育指導体制は、このような多様なキャリアへのパスとして適していると言えますが、キャリア支援をさらに充実することを検討しています。

平成17年(2005年)8月24日に、念願のつくばエクスプレス(TX)が開通し、つくばと都心は45分で結ばれました。東京や沿線からつくばに通学、通勤という人が増えてきています。名峰筑波山を望む豊かな自然と筑波大学、研究学園都市という組み合わせは、これまで以上に魅力ある学習と研究の場として発展することは間違いありません。つくばは、大学院生活を過ごすにふさわしい、より優れた環境に変わりつつあります。その新しいつくばの、新しい生命環境科学研究科で、皆さんの能力を思い切り伸ばし、サイエンス・マインドに溢れた人材に育ってほしいと願っています。私たち教職員もより実質のある大学院教育の実現のために、さまざまな改革を進めていきます。

連携・連係大学院方式

生命環境科学研究科は、筑波研究学園部市にある国立研究機関、独立行政法人あるいは民間研究所から優秀な研究者を筑波大学の客員教員として招聘し、研究領域の充実 と研究教育の高度化を目的とした教育・研究の連携体制(連携大学院方式)を取っています。この制度により、学生は学外のこれらの研究機関で研究を行うことにより学位を取得することも可能です。また、筑波研究学園都市の独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構」に在職する研究者を連係大学院教員として構成し、同機構を基盤として先端農業技術科学についての高度の専門性をもった人材育成を目指して、全国に先駆けて筑波大学で新設されたものです。

社会人対応・留学生

前期課程の生物科学専攻、生物資源科学専攻、環境科学専攻の3専攻、後期課程の国際地縁技術開発科学、生物圏資源科学、生物機能科学、生命産業科学専攻、持続環境学専攻の5専攻では社会人特別選抜を実施し、官公庁や企業の研究機関や教育機関などの在職者や一般の社会人も、大学を卒業またはそれと同等の資格を有すれば出願することができます。とくに、筑波研究学園都市近郊の研究機関に在職する研究者に対して、在職しながら博士課程に在籍できるようにするため、この昼夜開講による研究者リフレッシュ教育制度が平成8年度より開設されました。この教育制度では、各学生に対してアドバイサリーコミティが置かれ複数教員による指導が行われています。この制度や在学期間の特例を適用しうる学生は、短期間に博士の学位を取得でき、筑波研究学園都市の中にある本学の特色を生かす制度となっています。本研究科では、多くの国から留学生(国費、私費)を広く受け入れています。国際地縁技術開発科学専攻、生物圏資源科学専攻、生物機能科学専攻、生命産業科学専攻、持続環境学専攻の後期課程5専攻と前期課程の生物科学専攻、生物資源科学専攻、環境科学専攻の3専攻には外国人留学生のための定員枠も設けられています。

 
キーワード検索 Google

  • サイトマップ
  • リンク
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 Tel/FAX 029-853-7298
(C)筑波大学 生命環境科学研究科