• 受験案内
  • 研究科の概要
  • 研究科の活動
  • 学生の活動
  • イベント情報
  • 就職情報
 


イベント情報

HOME > イベント情報:国際植物の日

国際植物の日

2018年国際植物の日イベント

「国際植物の日(FoPD)」に関連して筑波大学で行われるイベントの情報をお知らせするページです。

 国際植物の日2018開催について



 毎年、5月18日は、世界のみんなで植物の大切さを考える「国際植物の日」です。毎年5月、 世界各地でこの日を中心にさまざまなイベントが開催されます。今年の筑波大学生命環境系では2012年以来毎年開催している恒例のイベントです。 この「植物の日」をさらに幅広い年代の方に知っていただこうと、市内の博物館、研究機関と協力して、科学技術週間でもある4月21日(土)の「筑波大学 キッズ・ユニバーシティ」会場にて、「国際植物の日」イベントを開催します。

詳細につきましては、随時お知らせしてまいります。
ぜひ、新緑の筑波大学で植物と植物科学の面白さを体験してみませんか。

◎日時 2018年4月21日(土)
    10:00~16:00
◎場所 筑波大学総合研究棟A棟および第二エリア
◎内容 「2018国際植物の日(Fascination of Plants Day,May18th) ~筑波大学 みどり散歩~」
① おもしろふしぎ科学実験工作隊~植物色素~
   4月21日 10:00~16:00
   場所:総合A棟 エントランスホール(右)
   対象:小学生以上 
   内容:葉から色素を抽出し、カラムクロマトグラフィーまたは薄層クロマトグラフィーにかけると、
      鮮やかなカロテノイドと葉緑素に分かれます。カロテノイドはカロテンとキサントフィルに、
      また葉緑素も二つに分かれます。主な葉緑素が緑ではなく青であることにびっくりする
      ことでしょう。
      葉緑素に酸を添加すると漬け物色に変化します。ここに銅イオンを添加すると青に復帰。
      葉緑素に紫外線を照射するとは赤く光りますが、銅を添加した葉緑素は光りません。
      エビやトマトの色素も分けてみましょう。上記の実験の他に様々な科学グッズコーナーも有り、
      また工作コーナー(無料)で遊ぶこともできます。ご家族でお楽しみください。

 ② 土のアクセサリーをつくろう!
   4月21日(土)10:00~16:00
   場所:総合A ホワイエ
   対象:小学生以上~一般
   内容:土壌は植物を育てる力を持っています。でも、実は、植物が土壌を育ててもいるのです。
      植物と土壌の相互作用から、土壌の世界を紹介します。植物を育む土壌の科学を学び
      ながら、素敵な土のアクセサリーを作りましょう。
    
 ③ 植物の根と導管液
   4月21日(土) 10:00~16:00
   場所:総合A ホワイエ
   対象:小学校高学年~一般

   内容:普段目に触れることの少ない植物の根がどのような活動をしているのかについていろいろな植物を
      使って説明します。根から吸収された水はどのようにして数十メートルもの高さまで上がるのか、
      その水(導管液)の中にはどんな成分が含まれているのか、またその導管液を我々人間はどのように
      利用しているのか。意外と身近な導管液に目を向けてみませんか。

 ④ 構内植物ガイドツアー「みどり散歩」
   4月21日(土) ①11:45~12:45 ②13:30~14:30 (約60分、天候等都合により変更あり)
   場所:見学場所 筑波大学キャンパス内 
      集合 総合A 1階エントランス
   対象:小学校高学年~一般
   ガイド:上條隆志(生命環境系)
   
 ⑤ 「国際植物の日」ミニシンポジウム「植物が育む生き物、植物を守る生き物
    Plants support life, but also supported by life」
   (共催:農研機構中央農業研究センター)
   4月21日(土)15:00~17:00
   会場: 総合A 110 公開講義室
   対象:高校生~一般
   内容:「植物が育む生き物、植物を守る生き物 Plants support life, but also supported by life」
      「国際植物の日(5/18)」“Fascination of Plants Day”は、植物の大切さを考える日です。
      本ミニシンポジウムでは、植物保護において重要な役割を果たすカブリダニ類の行動生態学的研究で
      世界的に著名なPeter Schausberger教授(オーストリア、ウィーン大学)をお招きして、筑波研究
      学園都市で活躍する3人の研究者とともに、植物に支えられる、または植物を支える生き物たちに関
      する研究を、基礎から応用まで幅広く紹介します。
         ポスターはこちらから
      
 ⑥ カカオとチョコレートの世界
   (共催:東京フード株式会社)
   4月21日(土)10:00~16:00
   場所:総合A 111
   対象:小学生~一般
   


【その他会場イベント】

  • 講演および野外観察会 「高原の植物観察 ~植物と人や自然の関りを知ろう~」
    日時: 平成30年5月19日(日)10:00~15:00
    場所:山岳科学センター菅平高原実験所(長野県上田市菅平高原1278-294)
    内容:①「絶滅危惧種が辿っている歴史と種の保存法」(津田吉晃 准教授)
       ②「植物を支える菌類のはたらき」(出川洋介 助教)
    申し込み詳細はこちら


【お問い合わせ】 筑波大学生命環境系「2017国際植物の日」事務局 
         TEL/FAX: 029-853-7298
         Mail: fopd@life.tsukuba.ac.jp
         詳細はこちら http://www.life.tsukuba.ac.jp/event/shokubutsunohi.html


関連リンク



 
キーワード検索 Google

  • サイトマップ
  • リンク
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 Tel/FAX 029-853-7298
(C)筑波大学 生命環境科学研究科