• 受験案内
  • 研究科の概要
  • 研究科の活動
  • 学生の活動
  • イベント情報
  • 就職情報
 


イベント情報

HOME > イベント情報:今週の生け花アーカイブ

今週の生け花アーカイブ

総合研究棟A棟 1階ギャラリー付近に、生け花を展示しております。(京都古流師範教授 弘武庵 海野満峰先生作品)
毎月2回程度のペースで新作が登場しますので是非お楽しみください。

以前の生け花作品


2017年11月24日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2017年11月6日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2017年10月25日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2017年10月19日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2017年10月11日


(画像をクリックして拡大できます)



2017年10月10日


(画像をクリックして拡大できます)



2017年6月22日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2017年5月31日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2017年5月12日


(画像をクリックして拡大できます)




2017年4月11日


本部棟展示の行け花


本部棟展示の行け花(画像をクリックして拡大できます)


桜の風景(画像をクリックして拡大できます)



2017年3月15日


(画像をクリックして拡大できます)



2017年2月9日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2017年1月26日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2017年1月13日


(画像をクリックして拡大できます)



2017年1月5日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年10月21日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年9月28日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


本部棟展示(画像をクリックして拡大できます)


本部棟展示(画像をクリックして拡大できます)




2016年9月20日


(画像をクリックして拡大できます)




2016年9月16日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2016年9月9日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2016年8月24日


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年8月3日・番外編 総合A棟前の芙蓉


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年7月27日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年7月21日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年7月12日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年7月7日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



  <今週の花材>
今日の花材は、ガーベラと茴香(ういきょう。フェンネル)。
初夏から盛夏に咲くウイキョウは「八角茴香」として、中華料理などで利用されるハーブです。黄色い花粒を指先で押してみると甘く香りたち、確かに夕方の中華街を思わせる匂いです。 八角といえば豚の角煮には欠かせませんが、お花を活けてくださる海野満峯先生から「カボチャの種を八角で茹でて乾燥させてから塩炒りすると美味しいですよ」と教えていただきました。 茨城の名産「かぼちゃ」も今が旬。暑さに負けない食欲を感じさせる今週のお花です。

2016年6月24日・番外編 本部棟前のヤマモモ


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



  <今週の花材>
ただ今、本部棟前のヤマモモが沢山の実をつけています。 蛇イチゴにも似た細かい粒の深紅の果実が葉脈の美しい緑に良く映えています。 日本では桃のような果実から「山桃」、中国では「楊梅」と呼ばれ、古くは李白が詠い、日本でも「やまももの落つる音無し五月雨」と芭蕉も詠んだこのヤマモモの実ですが、学内の清掃担当者には迷惑な様で、道路に落ちた実を箒で掃いている側(頭上)からぽとぽと落ちていました。 栽培されている食用のものは酸味が強いものの生食もでき、ジャムなどに加工されますが、岡山理科大学の学長を務められていらした波田善夫先生の植物雑学辞典によると、「松脂の様な味」とのこと。 生命環境系の松本宏系長も「可愛いけれど、美味しくはない」とのことでした。

2016年6月14日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年6月9日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年6月2日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年5月23日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年5月16日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2016年4月27日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2016年4月14日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2016年4月6日の作品


情熱、模範(画像をクリックして拡大できます)


尊敬(画像をクリックして拡大できます)


上品、気品、温かい心、誇り(画像をクリックして拡大できます)


感謝(画像をクリックして拡大できます)


友情、献身(画像をクリックして拡大できます)


節度(画像をクリックして拡大できます)


本部棟のいけばな(画像をクリックして拡大できます)




2016年3月31日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2016年3月28日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2016年3月14日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2016年3月2日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2016年2月22日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2016年2月10日の作品






2016年1月5日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2015年12月15日の作品


(画像をクリックして拡大できます)




2015年12月9日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2015年12月2日の作品


(画像をクリックして拡大できます)




2015年11月25日の作品


(画像をクリックして拡大できます)




2015年11月24日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2015年11月4日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)




2015年10月26日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2015年10月22日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2015年10月16日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2015年9月28日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2015年9月8日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2015年7月22日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



  <今週の花材>
グラジオラス、りんどう、イチイ(一位)です。
イチイ(一位)とは、イチイ科イチイ属の常緑針葉樹です。
年輪が細かく強度が高く堅い木材で、赤くつやのある材質から寄木細工などに使われ、飛騨高山の伝統工芸「一位一刀彫」として使われる希少な木材です。 一説では、この木の名前の由来の「一位」は仁徳天皇がこの材木で勺を作り、官位「正一位」を授けたことに由来するそうです。

2015年7月14日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2015年7月10日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2015年7月1日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2015年5月26日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



  <今週の花材>
今週の花材は、芍薬とコウヤマキ(高野槙)です。

2015年5月12日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2015年5月1日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2015年4月28日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2015年4月20日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)



2015年3月27日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2015年2月26日の作品





(画像をクリックして拡大できます)






2015年2月17日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



(画像をクリックして拡大できます)



2015年2月4日の作品








2015年1月20日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2015年1月5日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2014年11月11日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



  <今週の花材>
今週の花材は、花芽のついた柊とシュンランです。
京都古流は儒教から発祥した流派で、柊の枝とシュンランで儒教の教えである「天・地・人」という形で世界の調和を表現しています。 日本では柊の葉は邪気を払うということで節分行事には欠かせないものです。
モクセイ科の良い香りのする柊の花は旧暦の節分を過ぎた頃が花のシーズンでありますが、古来から冬の花として親しまれています。 花言葉は「先見の明」です。(藤枝八千代)

2014年10月31日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



(画像をクリックして拡大できます)



2014年10月21日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2014年10月6日の作品






2014年10月1日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2014年9月22日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



2014年9月17日の作品





2014年9月11日の作品


(画像をクリックして拡大できます)

 筑波大学本部棟と生命環境科学研究科のある総合研究棟Aにお花を生けてくださる弘武庵海野満峯先生から今回のお花についてお話を伺いました。
 今回のお花の生け方は、「投げ入れ」という手法です。言葉の通り、花器に投げ入れるように生ける方法です。 元来、茶道の花から発展したこの手法には深い意味があります。一見あるがままに自然に生けられているように見えるこの花の姿は、 「人間社会」を現しています。どこか一つ抜いてしまうと、あっという間にバランスが崩れてしまう絶対の調和。 科学と人間の関係を表しているかのようです。 (藤枝八千代)



2014年8月19日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


2014年8月5日の作品




2014年7月29日の作品




2014年7月18日の作品






2014年7月4日の作品




2014年6月20日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


(画像をクリックして拡大できます)


2014年6月10日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2014年6月5日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2014年5月27日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



(画像をクリックして拡大できます)


2014年5月16日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2014年5月12日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2014年4月17日の作品


(画像をクリックして拡大できます)

(画像をクリックして拡大できます)

2014年3月25日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2014年3月13日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2014年3月6日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2014年2月27日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2014年2月17日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2014年2月5日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


  <今週の花材>
  ニホンスイセン

2014年1月17日の作品


(画像をクリックして拡大できます)

(画像をクリックして拡大できます)

2014年12月19日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


  <今週の花材>
  ニホンスイセン

2013年12月9日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


2013年11月27日の作品


(画像をクリックして拡大できます)

(画像をクリックして拡大できます)

  <今週の花材>
  ①カーネーション
  ②リュガデンドロン (クリスマスバージョンのラメ加工)
  ③アンスリウム
  ④ドラセナ
  ⑤クロトン

2013年11月19日の作品


(画像をクリックして拡大できます)

(画像をクリックして拡大できます)

2013年11月12日の作品


(画像をクリックして拡大できます)



(画像をクリックして拡大できます)

  <今週の花材>
  ◎アンスリウム…
  南米コロンビア原産サトイモ科の観葉植物。別名、ベニウチワ。ハート形の赤い部分は花ではなく
  「仏炎苞」と呼ばれる葉。花はその真ん中にある花序の部分です。
  ◎ユリ
  ◎ドラセナ…
  アフリカ原産。「万年竹(ミリオンバンブー)」として、葉を取り去った幹を束ねたアレンジで販売されている
  ことも多い、育てやすい観葉植物です。

2013年10月30日の作品


(画像をクリックして拡大できます)

(画像をクリックして拡大できます)

  <今週の花材>
  菊

2013年10月15日の作品


(画像をクリックして拡大できます)

(画像をクリックして拡大できます)

  <今週の花材>
  ◎リュウカデンドロン(Leaca Dendron)
   ギリシャ語でリュウカ=白い、デンドロン=木という意味を持つ南アフリカ原産の常緑樹。
  ◎スカシユリ
   他の百合と異なり花弁が交互についており茎が透けて見えることから「透かし百合」といいます。
  ◎デンドロビウム
  ◎ヤツデ

2013年10月9日の作品


(画像をクリックして拡大できます)


  <今週の花材>
  百合
  ヤツデ
  カーネーション
  ほか

2013年7月17日の作品




  <今週の花材>
  ほおづき
  ダリア
  百合
  柊
  ほか

2013年7月4日の作品




  <今週の花材>
  ひまわり
  ドラセナ
  デンドロビウム
  ほか

2013年6月18日の作品




  <今週の花材>
  丹頂アリウム
  ガーベラ
  グロリオサ

2013年6月11日の作品




  <今週の花材>
  あじさい
  ガーベラ
  やつで

2013年6月4日の作品




  <今週の花材>
  あじさい
  トルコキキョウ
  やつで

2013年5月22日の作品




  <今週の花材>
  丹頂アリウム
  カーネーション
  レモンリーフ
  玉シダ

今週の生け花



 
キーワード検索 Google

  • サイトマップ
  • リンク
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 Tel/FAX 029-853-7298
(C)筑波大学 生命環境科学研究科