• 受験案内
  • 研究科の概要
  • 研究科の活動
  • 学生の活動
  • イベント情報
  • 就職情報
 


研究科の活動

HOME > 研究科の活動:特色ある教育プログラム

特色ある教育プログラム

教育プログラム

プログラムの詳細、最新の入試スケジュールなどはコース名のリンクからご覧ください。

コースの名称 コース概要
ヒューマンバイオロジー学位プログラム 筑波大学ヒューマンバイオロジー学位プログラムは博士課程教育リーディングプログラムとして、2011年度より発足した5年一環の博士課程プログラムです。 ヒトが人らしく生きる社会の創造を先導できる国際的トップリーダー養成を目的とし、これまでの大学院教育のイメージを超えた、革新的で新しい試みが多数行われています。
「つくばから世界へ、環境ディプロマの創出」
環境ディプロマティックリーダー(EDL)育成プログラム
世界の環境問題は、自然科学に関する問題だけでなく、人口問題、地域・民族間紛争、貧困、衛生、生態系破壊など各種の問題が密接に関連しています。 こうした複雑に絡み合った問題を解決していくには、文化やそれをとりまく環境、経済、政治、社会的要因を十分認識・理解することが求められます。 EDLプログラムでは、さまざまなステークホールダーが主体的な役割を担う環境ガバナンスに関わり、国際調和に対応し得る問題解決能力と独創性を涵養し、 環境に関わる科学技術に加え、環境政策や倫理、法体系、国際関係、比較文化等の知識・素養を有した人材を育成します。
「グローバル30プログラム(大学院)(Graduate Global 30 Program)」

筑波大学は、平成21年度からスタートする文部科学省の国際化拠点整備事業(グローバル30)の拠点大学の一つとして採択されました。 この事業は、留学生の受け入れ推進や日本人学生の海外派遣の強化などを通じて大学の国際化を目指すものです。
社会人のための後期博士課程「早期修了プログラム」

「早期修了プログラム」は、一定の研究業績や能力を有する社会人を対象に、 標準修業年限が3年である博士後期課程を『最短1年で修了し課程博士号を取得するプログラム』であり、“頑張る社会人”を大学として応援するものです。 本プログラムでは社会人としての研究業績や経験を元にして、指導教員から論文作成の指導を受けて博士論文を完成させます。
 
キーワード検索 Google

  • サイトマップ
  • リンク
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 Tel/FAX 029-853-7298
(C)筑波大学 生命環境科学研究科